明治大学卓球部!

どうも、腹が減ったわにいしです。最近は1日2食の生活ですが、モロッコ料理のハリラスープにはまっています。日本で言う味噌汁みたいなかんじですが、トマトベースで豆が入っててとっても美味しいです。店によって味や具が違ったりするのでハリラめぐりなんて最高だなと思っています。

こないだ大学卓球部の同期から「卓球部80周年」で記念誌ができることと、その記念誌におれらの作文を載せることになったというメールがきた。ひさしぶりだったから嬉しかったなぁ。

ということでその作文を載せちゃいます~~。


            「大学時代の思い出」
                鰐石 春馬

まさか明治大学に入学できるとは思わなかった。僕は岡山県出身で、高校卒業後は広島の偏差値のとても低い大学で経営学を学ぶつもりだった。だけど高校・大学の両監督のお陰でご縁があり、入学することができた。明治大学に入りたかった理由は「東京に行けること」と、「勉強に熱心な学生が多くいるだろう」ということだった。高校3年当時は「大学在学中に熱い仲間と起業すること」が夢だった。だけどそんな夢も卓球部のみんなと生活しているうちに忘れていった。卓球部は強く僕は弱かったが、入学当時に「レギュラーになって全日本チャンピオンになる」という目標を書いた紙を自分の部屋のベッドの横に貼り付けてそれを眺めていた。あとから見ると「そして酒に強くなる」という酔っ払いが書いたような文字が(おそらくY先輩であろう)付け加えられていた。結局全日本チャンピオンにも酒豪にもなれなかったが、お酒は好きになった。付け加えると、卓球も好きになった。僕の同期はとても強く(卓球)、リーグ戦ではいつも応援をしていたが応援はとても楽しかったし、代々木第二体育館の小さくまとまった感じはまさにリーグ戦にぴったりの会場だったとおもう。また明治のジャージ「明ジャー」を着ていると自分も強くなったような気がして、えらく偉そうにしていた覚えがある。大学1年のときに明治OB卓球部の方が青年海外協力隊(海外ボランティア事業)としてアフリカで卓球を教えているということを知り、それがきっかけで現在僕は北アフリカのモロッコ王国で卓球を指導している。どちらが指導しているのかわからない程だが、明治大学卓球部で卓球をした、仲間のプレーを見てきたということが自信に繋がっている。先日、モロッコ人選手と衛星テレビでたまたま「ミズタニ」の試合を見て(ベンチには高山監督)、明治を思い出し、あの頃のなつかしい感じがした。今でもYOU TUBE動画で、実業団で活躍している同期や先輩のプレーを観たり、明治大学卓球部公式サイトで「児玉語録」を読んだりしている。こうして大学時代の思い出を書いているということがOBであるということだが、これからも「明治大学卓球部」を胸に自分の人生を歩んでいくことには変わりないと思う。最後に、このような機会を提供してくれた小野キャプテン、どうもありがとう!明治大学卓球部80周年、おめでとうございます。


めっちゃなげー。これを読んでくれた人はすごい。ありがとう!

今日の飯プラン、なかなか楽しみだ。ではではーちなみに今日は休日でした♪
[PR]

by haruma_wani | 2010-12-21 00:22 | blog
line

青年海外協力隊、22年度1次隊、エヴァンゲリオン発信!


by haruma_wani
line